スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人徳

昨日の勉強会には20人位の人が参詣された。
これも私の高校の恩師M先生の人徳により、集まられたといっても過言ではない。
本当に頭が下がる。
その中には親鸞聖人の教えに詳しい人もいて、雑行を捨てるということは
難しいのですか・・?など中々鋭い質問をされた。

私も親友のご両親を誘った。勉強会が開催された場所から数分のところに居住
しているからだ。初めて参詣されたが、同じ町内の方がたくさんいて、安心
されたようだ。親友にはいままで仏法を伝えてきたけど、あまり気がない方でしたが
教えられていることは、いいことだなとは思っていたようで、実家の近くで、お話
があるなら、是非聞いてほしいと進めてくれたのです。私も親友の家には独身時代
は泊まりで遊びにいったのでご両親とはよくお話をしていました。
今回感じたのは、やっぱり、人生の中でいろいろな人との出会いがありますが、
出会った人とのお付き合いを大切に、してゆかなければいけないなということです。
人間関係がないと誘うこともできないから・・・・・
縁があれば、そして人間関係ができていらば、お誘いすることもできます。
子供の保護者、親戚、ベリーダンスの仲間など、大切にしていきたいと思います。

私の後輩も参加して、久しぶりに会えてよかった、嬉しかった。


スポンサーサイト

今日も南無阿弥陀仏

亡き母を想いながら南無阿弥陀仏。
思春期には母に反抗したな、
自分がやってきたことと同じ様に
娘に反抗され、懺悔の南無阿弥陀仏。
それも成長の過程だから仕方ないのだけれど
心穏やかにはいられないときもある。

退会してから、新たな友達ができて映画を観て、
買い物等して
家に帰ってきて喜びながら南無阿弥陀仏。

どんな時も阿弥陀様が一緒。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

阿弥陀様の心

S会で班長をしている友達に阿弥陀様の御心についてメールしている

S会ではまず会長が遠い存在。そしてその会長のはるか彼方に阿弥陀様がおられて、
阿弥陀様がとても遠い存在だから
阿弥陀様がいつも近くにおられて貴女を救おうと命がけだよ・・・・・・
助けてやりたいと頭を下げお折られるよ・・・・只今助けようと命がけだよ・・・と

救われるにはまず善をしてから・・・と思っているから、まったく阿弥陀様に向かって
いない。

だから、うまく付き合って今後もメール交換したいな。

だって友達だから・・・・

法友

何年ぶりかに雪がつもり大はしゃぎの息子。
友達と自分の身長より高い雪だるまを作ってはいポーズ。

私はベリーダンスの初発表会で、もっと緊張するかと思いきや、意外にあがらなかった。
100人位参加したが、衣装が綺麗で華やかで皆さん美しかった。
最後は先生が踊り、それはそれは、華麗な踊りで、さすが先生・・・と驚かされた。
ダンスの道を極めるには相当の努力が必要だな。。どの道も日々の積み重ねですね。
でもどの道も完成ということはないのですね。この世のことには完成はない、
仏法の道だけには完成があるとよくS会で聞かされたが、どんなことも完成する
までには相当の月日と時間がかかるけれど、信心決定はこの世のこと以上に努力し
ないととても無理ですよ・・・ということが言いたかったのですね。
信心決定は難しい、難しい、とそんなことばかり聞かされて、阿弥陀様のただいま
たすける・・・のお慈悲は聞かせてもらえなかった。もっと、阿弥陀様の心を伝えて
ほしかった。

昨年から一人ずつではあるが、S会教義の誤りを伝えてきた。
KさんTさん恩師のMさん。Tさんは高齢ながら、聴聞に参加される。
Mさんは毎日本を熱心によまれ、周りの人にも本願力回向の教えを伝え
ている。S会の教義の間違いを知らされてから大変わりされたのです。
以前はあまり人にお伝えしようというきもちがなかったのですが・・・
それは自分のような怠け者はとてもとても助からない、今生では無理
だ、頑張っている人しか救われない、と思っておられたからです。

しかし、善をして、宿善を厚くしてその先に救いがあるのだということ
が間違いだと分かり、どんな人でも助かるということが知らされ、絶望感
が希望にかわり、喜んで聴聞されています。


これからも、法友を増やして、一緒にお浄土参りしたい。

○○○ちゃんへ

私が独身時代S会で共に求めていた○○○ちゃんから年賀状の返事をもらい、メールでやりとりができるようになった。もう何年も会ってないので会って話しがしたいな。そして彼女にも只今救われてもらいたいと願うばかりである。
S会にいたころは三願転入の話を聞いて、19願で、よーしやるぞ菩提心を起こし一生懸命善をしなさいと教えられたので、素直にS会で教えられる善い事といわれることを身体にかけて行った。
そうすれば信仰が進みかならず19願を出て、20願に進み、18願の世界に出られると信じて疑わなかった。
三願転入することは、並大抵のことではない、・・臨終息の切れ際に救われたら万々歳とそう思っていた。
そして、聴聞の回数、活動の回数など、より多い人のほうが先、時々参詣する会員は、信心決定など無理
だと思っていた。

しかし・・・私が求めて獲るものではなく、阿弥陀様が南無阿弥陀仏を与える一つで助けてくだされるのです。

だから、少しずつ勉強して、間違いに気付いてね。
S会で教えられていることは本当に正しいのか?真剣に考えてね。
真実を教えてくださる先生は何人もおられるので、聞いてね。
今度是非会いましょうね。そして共に浄土往生させて頂きましょう。

年女

今年は兎年、私は年女です。何だか嬉しいものですね。
S会会員の人に年賀状を出したら、返事が来た。
私が退会したこと、知らなかったみたい。
早速電話をかけて話てみたが、まだ飲み込めないようだった。
少しずつでもわかってくれたらいいけど・・・・

昨年の勉強会は退会者の人、全く新しい方などが大勢参加されて
みなさん素朴な質問をされて盛り上がった。

すべての人を助けると誓われた本願だから、あれをせよ、これをせよ
という厳しい教えでは誰も救われないではないか。

今後も一人でも多くの方に参加して頂きたい。

次回は1月29日。

12 | 2011/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

遠慶宿縁

Author:遠慶宿縁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。