スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲間

豊島学由さんが、聞法とは手ぶらで帰ることのできる先手の法を聞くことです。
手ぶらで帰るのが信心。手ぶらで帰れるのは、如来さまが先手だからです。
「如来さん,勝手にせい」といって帰るのが信心なのです。
ところが、私たちには、「勝手にせい」なんていえません。確かなものをもって
帰りたい、と力をいれてききます。自分で確かなものを受け止めなくては安心
できないということなのでしょうね。しかし、助けるほうが先手なら、私の方で
とやかく念を押したり、心配することはいらないのです。

私も力をいれて聞いていました。
間違っていました。
先手の法に遇えて良かった。

浄土真宗は先手の法であると知人に伝えた。
今まで自分が聞いていた教えが、ふとしたきっかけでおかしいと知らされて、正しい
教えを聞き始められた。自分の救いということについて真面目に考えている人は、
短期間で、おかしいと気が付くのだとわかった。
遇い難い法に遇え無条件の救いに遇えた私は幸せ者。
一人で慶んでいては勿体無い。
仏法を伝えることが私の喜び。
身近な人が一人、二人と増え、一緒に聞法できることが、嬉しい。
救われても疑情がなくなってしまった以外、私は何も変わらないが、仏法を伝えたい
という気持ちも信前も信後変わらない。

仲間はいいな♪♪
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

手ぶら…私もそうだなあと思って言っていたら、そういう風に言われているのだと知って、好きな言葉です。
一味になったからではなくて、賜り物だから一味になるのだと思いますが、知識同行様は有難いです。

お仲間の輪が広がるって素敵ですね♪私も私なりの日々のご恩の生活頑張ろうと思いました。

Re: No title

hiromiさん、コメントありがとうございました。知識同行様は有難いですね、離れていても心はつながっている気がします。いつもhiromiさん、他の方のブログを読ませてもらうと、心が温まります。慶びを語り合えるお同行がいて恵まれた環境にいますね。これからも宜しくお願いします。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

遠慶宿縁

Author:遠慶宿縁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。